周南コンビナート−徳山・下松・新南陽−

「地理院地図」を見る


【読図のポイント】

(1)コンビナートと港湾

(2)交通路の発達(旧山陽道と2号線・鉄道・フェリー

(3)都市化の進行


作業と研究

(1)「地理院地図」を使って学校周辺の現在と過去の様子を比べてみよう。(「空中写真の使い方の解説動画を見る

(2)周南地区が、県内有数の工業地帯となった原因を地形、歴史などから考えてみよう。(参考:山口県周南市企業データベース

(3)新南陽、徳山、下松のように、隣接する街の市街地が連続している状態を何というか(答えを見る)。

(4)図の北東にある須々万殿木原と、徳山市役所間の標高差はおよそ何mか。付近の水準点と標高点から求めてみよう。

(5)「しんなんよう」駅南側一帯の集落の成立過程について、調べてみよう。


その他

(1)周南市の史跡を訪ねる:財団法人周南市ふるさと振興財団制作のページへ

(2)「都市圏活断層図 」を見る:国土地理院

(3)周南市下松市のハザードマップを見る

(4)鳥瞰図絵師・吉田初三郎の鳥瞰図(徳山下松)を見る:地図の資料館へのリンク

・ブラウザの「戻る」で戻ってください。