中・近世の港町−柳井・上関−


「地理院地図」を見る


【読図のポイント】

(1)商都柳井の位置とその変遷


作業と研究

(1)大畠瀬戸上関海峡の最短部の距離を測ってみよう。

(2)文珠山−嘉納山−源明山−馬の瀬−頂海山の尾根線をたどってみよう。

(3)屋代ダムの集水域をたどってみよう。

(4)「e−Stat」を使って柳井市と周防大島町の世代別人口の推移をグラフで表してみよう。(解説動画を見る


その他
(1)「地方創生☆政策アイデアコンテスト2017 最終審査会」を見る(周防大島高校普通科特別進学コース AチームDチーム

(2)伊陸盆地・大畠瀬戸の古地理の変遷を理解する日本地理学会2012年秋季学術大会発表要旨集より

(3)伊陸盆地・大畠瀬戸の河川争奪・活断層に関する論文を読む(「地学雑誌」・「応用地質」)

(4)室津半島と長島の火山地形について理解する:山口大学 永尾先生制作のページへ

(5)周防八島の放牧に関する文献を読む(「立命館地理学」)

(6)柳井市周防大島町上関町のハザードマップを見る

・ブラウザの「戻る」で戻ってください。